令和3年火災予防業務協力者表彰式

11月15日(月)、千代田区立内幸町ホールにて「火災予防業務協力者表彰式」が開催されました。

さまざまな事業者の方が集まる中、アルファコーポレーションも火災予防に取り組む事業者として、丸の内消防署より表彰状が贈呈されました。感謝状をいただいたのは下記3センターです。

・キッズスクウェア丸の内永楽ビル
・キッズスクウェア丸の内東京ビル
・厚生労働省5号館保育室


消防行政に深い関心を寄せ、消防に関する広報を積極的に推進し、地域社会の安全・安心に寄与された功労として、「広報業務協力功労の部門」で表彰を受けました。

東京消防庁からの表彰を受けて

「厚生労働省5号館保育室」は業務の都合上、表彰式に出席しておりませんが、「キッズスクウェア丸の内永楽ビル」「キッズスクウェア丸の内東京ビル」の各センターの代表が感謝状を受け取り、想いを語ってくれました。

【キッズスクウェア丸の内永楽ビル】より

表彰していただけたことを大変嬉しく思います。 毎月1回実施している避難消火訓練や消防訓練を評価してくださったのかと思います。大切なお子さまをお預かりする保育者として、万が一の時の備えは本当に大切だと感じます。園全体でこれからも訓練を続けていき、安全・安心な場所であり続けられるよう尽力していきます。

【キッズスクウェア丸の内東京ビル】より

地域の安全に寄与できていると思うととても嬉しいです。消防署からいただくポスターを園のエントランスに掲示していることも一助になっているのかもしれません。ポスターをきっかけに、火災を未然に防ぐために園でどのようなことに取り組んでいるのかを入園時のご案内よりさらに詳しく保護者様にお話しすることもあります。 月1回避難消火訓練を行っているからこそ、説得力のあるお話が保護者様にもできると思います。またこのような場に呼んでいただけるよう研鑽していきます。

当社としても、このような表彰をいただけたことを誇りに思います。今後もより安全・安心の園づくりに取り組んでいこうと強く感じました。

緊急事態時に備え、定期的に訓練を実施

お預かりしている大切なお子さまや社員の安全を守るためにも、災害時・緊急時にはスムーズに連携して初動対応することが必要とされます。

アルファコーポレーションでは日々緊急時の対応についてマニュアルを熟知し、定期的に下記のような訓練を実施しています。

・社員全員が救命救急講習を受講
・各園で月1回避難消火訓練を実施
・不審者対応訓練・緊急時対応訓練を実施


火災、水害、地震など緊急事態が起きた場合に、現場での対応はもちろん、社内連携、安否確認項目、通報時のポイントを社員全員が理解しておく必要があります。

当社では、緊急時の対応マニュアルをあらかじめ社内で共有し、実践的な研修や訓練を重ねています。社員全員がマニュアル通りに進めることができれば、スピーディかつ冷静に判断・行動ができます。
(↓)マニュアルについて下記記事でくわしくご紹介しています

今後も安全・安心な保育を目指して

アルファコーポレーションでは、入社前には必ず事前研修を設け、新卒入社の方、中途入社の方、雇用形態、キャリアなど関係なく、マニュアルを用いてしっかりと当社のルールについて説明しています。

今後も大切なお子さまや社員一人ひとりの安全・安心を守るため、定期的な訓練・研修を通じて職員間のコミュニケーションや共通認識を十分に持てるよう安全意識の向上に取り組んでまいります。

(↓)過去にも東京消防庁より表彰されました。下記記事よりご覧ください。
(↓)採用情報は下記よりチェック

関連する記事

関連するキーワード

著者