アルファコーポレーションは、認可保育園、認可外保育施設、認証保育所や企業主導型保育所など、お客様のニーズに合わせて様々な形態の保育園を運営しています。
多様な形態の園を運営するアルファコーポレーションが教える、【園選びの3つのポイント】をご紹介します。

1.【長く働ける会社か】

将来を見据えた時に、やはり外せないのが長く働ける会社かどうか。

結婚したら、子どもが生まれたら、両親の介護が必要になったら…

あなたの働き方は、あなたの人生とともに変わっていきます。
あなたの変化とともに、働き方も融通が利く会社だと長く働けるのではないでしょうか。

産休・育休の制度があり、実績があるか

産休・育休の制度があるだけではダメです。
女性の多い業界です。
ついつい産休・育休制度があることを謳うところもあると思いますが、大切なのはちゃんと実績があるかどうか
   
園見学の時に育休・産休が取りやすい職場なのか聞いてみるのも良いですね。

※アルファコーポレーションで実際に産休・育休を取得し、復帰したママさん保育士の記事はコチラ↓

時短勤務のしやすさ

育休が明けたからと言って、産休前と同じ「フルタイム」や「転勤あり」で働くことはなかなか難しいですよね。
まずは、時短勤務ができる園かどうかがポイント。
その上で、時短勤務の保育士がいる園はどんなことに気をつけているか聞いてみましょう。

アルファコーポレーションでは、限定正社員として時短勤務が可能です。
会社として、長く勤務していただける方には、ライフスタイルに合わせた制度で応えていきたいと考えています。

自分が長く働くことを想像した時に、
『産休』・『育休』・『仕事復帰』の3つ全部に安心感のある会社は、働きやすいと言えそうですね。

会社の運営が安定しているか

未曽有の事態が起こった時に、会社がどんな対応を取ったかも重要です。
社員の安全生活を守るスタンスの会社だと安心して働けます。
   
ポイントは、会社の歴史を見ること。
老舗の保育園は、言葉よりその歴史が何よりの安定運営の証になります。
どんな状況でも踏ん張れる資金力や運営ノウハウ、技術力は、一朝一夕で身に着けられるものではありません。
じっくりと腰を落ち着けて働きたい人には、老舗企業はおすすめだと思います。

2.【キャリアアップできるか】

2つ目のポイントとして、キャリアアップの道筋がしっかりしている会社かどうかが大切です。

自分の望むキャリアアップができる会社か

保育士として働いていこうと決めた時、キャリアアップできる環境がある園かを見極めることは実はとても大切です。
保育のように、対ヒトの仕事は、なかなか成長が数値で表しづらいですよね。
数値にしづらいからこそ、チャレンジできる環境があるかどうかが、あなたのモチベーションのひとつになります。

そういった職場環境を考えるとき、園の形態も重要な要素の一つです。
保育園の運用形態は多岐にわたりますが、ここでは【認可保育園】と【認可外保育施設】について解説します。

認可保育園と認可外保育施設の違い、メリット・デメリット

認可保育園と認可外保育施設(認証園)のどちらが良いのでしょうか。
一般的に言われているそれぞれのメリット・デメリットは下記の通りです。

<認可保育園>
【定義】
一定の基準(施設の広さなど)を満たし国の基準である児童福祉法に基づく施設。
公費と保護者様からの保育料で運営されています。
原則として、お子さまが入園できるかどうかは自治体の選考により、
その市区町村に在住・勤務している人になります。

【メリット】
・経営が安定している
・0~5歳児と幅広い月齢のお子さまを担当することで保育者として、スキルアップしやすい

【デメリット】
・行事ごとに力を入れている園では、仕事量が多くなりがち

<認可外保育施設>

【定義】
認可基準に満たない、または認可を得ない保育施設のこと。
通勤に便利な立地や夜間保育、インターナショナルスクールなど、
独自のサービスで保護者様のニーズに合わせた多様な形態があるのが特徴です。

【メリット】
・独自のプログラムで特技が活かせる
・小規模保育園の場合は、一人ひとりとじっくり向き合える

【デメリット】
・小規模保育園だとお子さまの人数により活動の幅が限られる場合がある

自己成長のために重視するポイント

見比べると、それぞれにメリット・デメリットがあります。
ポイントは、あなたが自己成長のために何に重きを置くかです。

絶対認可保育園がいい、絶対認可外保育施設がいいと心に決めている人は別ですが、複数の形態の園を運営している企業もオススメです。
職歴がキレイなままいろんな経験を積める機会があるというのは、あなたのキャリア形成の役に立ちます。

アルファコーポレーションでは、認可保育園・認可外保育施設の両方を運営しています。
必ず希望が通るとは限りませんが、園の異動もありますので、同じ会社に所属しながら、様々な運営形態の園で働く経験をすることも可能です。
例えば認可保育園で働いていて、少人数制に憧れて認可外保育施設専門の会社に転職したけど、やはり認可保育園がよかった、となるとまた転職せざるを得ませんよね。
会社内に認可保育園・認可外保育施設の両方があると、転職せずに、キャリアや職位をそのままに選択肢を広げられます。


※アルファコーポレーションの運営する認可保育園の様子はこちらから↓
※アルファコーポレーションの運営する認可外保育施設の様子はこちらから↓

研修制度が充実しているか

自己研鑽も大切ですが、研修がいくつもあり、学ぶ機会が多いことはあなたのレベルアップに大きな影響を与えます!

人を大切にしている園ほど、研修がしっかりしている園が多いです。
なぜなら、保育は「人」が1番大事だからです。

新卒研修だけでなく、中途社員研修やフォローアップ研修などもあるか要チェック!
都度、研修で自分の知識や保育技術のレベルを把握することができれば、自分の成長度合いに実感が湧き、自信がつきます。

その他、キャリアアップを支援してくれるような制度があるかも聞いてみましょう。


※こちらの記事では、内定者研修やパワーハラスメント研修の様子をご紹介しています↓

アルファコーポレーションの研修について詳しくはこちら!
アルファコーポレーションの評価・研修制度

3.【企業理念に共感できるか】

あなたが『保育士として働くうえで大切にしている思い』『園の理念』が同じなら、
働きやすさは数段違います。
  
 ・毎日の園の運営を考えた時
 ・何か園でチャレンジをしようとする時
 ・キャリアアップを考えた時
  
企業理念に共感できるということは、自分の目指したい方向と会社の目指したい方向が同じだということです。
目指す方向が同じなら、自分の考えに、園もその企業自体も賛同しやすいですよね。
もし、真逆や方向性が違えばどうでしょうか。
あなたは園や会社のために精一杯やっているのに全然わかってもらえない。
こんなに努力しているのに認めてもらない…ということに陥りやすくなります。
  
企業理念は見落としがちですが、あなたらしく働くためにはよくよく見ておくべき
大事なポイントです。

HPやパンフレットを見てみると掲載されているので要チェックです!


※アルファコーポレーションの企業理念が感じられる、代表メッセージが掲載されているコチラの記事も御覧ください。↓

最後に

保育園選びで重要なポイントを挙げてみましたがいかがでしたでしょうか。

これ以外にも福利厚生や給与、勤務時間など、条件面でも外せない部分がたくさんあると思います。
数ある保育施設の中から自分に合った園を探すためには、自分の外せないポイントを踏まえたうえで、
いろいろな保育園を見ることが大切だと思います。

その中で、アルファコーポレーションがあなたの目に留まったなら幸いです。
あなたのご応募お待ちしています!!

関連する記事

関連するキーワード

著者