あたたかみのある家庭的な園を目指して

今回お話しいただくセンター長率いる保育所は、現在0~2歳までの6名が通う少人数制。
近くには大きな公園があり、自然に触れながら、みんな元気いっぱいにのびのびと過ごしています。

年齢の違うお子さまたちが一緒に過ごすことで、年齢の上のお子さまは下のお子さまのお手本になろうと意識をしたり、下のお子さまは上のお子さまの真似をしようと頑張ってみたり、一人ひとりが成長していけるような環境です。

今回は、そんなお子さまたちの成長を見守りながら支えているセンター長に、園の雰囲気や目指す姿についてお話を伺いました。

少人数制保育ならではの園づくり

――センター長に就任するまでの経歴について教えてください。

私は2020年4月に少人数制保育施設の事業所内保育所のセンター長に就任しました。

2014年にアルファコーポレーションに入社してから、認可園と東京都認証保育所の2つの園で保育士としての経験を積みました。
特に、認可園で約4年間にわたり0~5歳児まで幅広い月齢のお子さまに携われた経験は、子どもの発達段階を全体的に学ぶことができ、保育士としての成長につながっていると感じています。

――園を取りまとめるにあたって、どのような園を目指していますか?

センター長に就任し、改めてどのような園にしていこうかな?と考えたときに、ふと就職活動をしていた時のことを思い出しました。私がアルファコーポレーションに入社したきっかけのひとつは、【少人数制保育】に魅力を感じたからなんです。

少人数制で感じられる「あたたかみのある家庭的な雰囲気」を大切にしながら、お子さまたちもスタッフも、そして保護者様も安心して過ごせるような園にしたいと考えました。

もう一人の「お母さん」でありたい

――「あたたかみのある家庭的な園」を目指すうえで大切にしていることを教えてください。

お子さまとの関わり方で大切にしていることのひとつが、一人のお子さまに対してできる限り同じスタッフが同じように関わることです。

少人数では、より一人ひとりと丁寧に向き合うことができますし、発達や生活リズムに合わせて同じスタッフが関わることで、情緒の安定にも繋がると考えています。

そうした関わりを通して、お子さまたちにとってスタッフが「もう一人のお母さん」のような存在となれる園を目指しています。

また、お子さまたちとの関わりだけでなく、保護者様との関わりも大切にしています。
現在は、コロナ禍の影響で、毎日一人ひとりの保護者様と長時間お話しすることは難しいですが、送り迎えの時間にはお子さまの発達や生活について相談を受けることも多く、まさに「家庭的」な雰囲気に包まれています。

思い描いた園をカタチに

学生時代から思い描いていた「あたたかみのある家庭的な園」。
理想の園をつくりあげるために、大切にしていることについて伺いました。

スタッフ同士の絆が「理想の園」につながる

――今の園の魅力を教えてください。

「あたたかみのある家庭的な園」を目指すうえで欠かせない、スタッフ同士の信頼関係の厚さは当園の自慢のひとつです。

スタッフ同士が常に良い関係性を築けるよう、日頃から挨拶やコミュニケーションをとても大切にしているんです。

そのため私の園では、どのスタッフもいつも明るく「おはようございます」「お疲れ様でした」と気持ちの良い挨拶を交わしていますし、些細なことでも「ありがとうございました」という感謝の言葉が飛び交っています。

感染症対策の一環で、長時間話し合うことは難しいのが現状ですが、笑顔で気持ちの良い挨拶を交わすことがコミュニケーションにもなり、良いチームワークが築けているのだと思います。

また、挨拶だけでなく、困っているスタッフがいれば、誰かが「お手伝いしましょうか?」と自然と声をかけあう風土も根付いています。

スタッフ同士がお互いの得意不得意を補いあい、協力し合うことで、絆も深まり「あたたかみのある園」づくりにも繋がっていると思っています。

インタビュー後記

今回インタビューを行ったセンター長は、2020年に就任したばかり。

ご自身が描く「あたたかみのある園」の実現に向けて、お子さまたちや保護者様、そしてスタッフたちと丁寧に向き合う姿はとても頼もしく感じました。

お子さまたち一人ひとりの成長やリズムに寄り添った保育を大切にしているあたたかい園の雰囲気が、インタビューからも伝わってきました。

また、入社してからの様々な園での経験が今に繋がっているといるお話を聞くと、どの園での経験もすべては保育士としての成長に結びついているのだと改めて感じました。

コロナ禍でのセンター長就任となり、イレギュラーな対応も多い中、決して下を向くことなくまっすぐに「理想の園」を追い求めるセンター長。お話を聞いて、スタッフやお子さまたちと、これからどんな園のカタチを作り上げていくのか、とてもワクワクしました。

アルファコーポレーションが運営する保育施設は、お子さまや保護者様に寄り添った園を目指しています。
お子さま一人ひとりに合わせた手厚い保育は、お子さまや保護者様に安心してご利用いただけるだけでなく、保育士にとってのやりがいにも繋がっています。

アルファコーポレーションは、保育士を目指して勉強中の学生さんや、小規模保育園にご興味をお持ちの方、保育士として復帰したいと考えている方など、保育士を目指すすべての方の夢を応援します。

本記事掲載の「あるふぁのリアルでは、アルファコーポレーションのリアルな保育内容についてもたくさんご紹介しています。

ぜひ他の記事もチェックしてみてくださいね!

関連する記事

関連するキーワード

著者