保育園の勤務は未経験だけど、「保育士資格」を活かしてキャリアを積みたい!という方は年々増えています。
今回は、そんな方のためにより良い転職をするためのコツをご紹介します。
やりたいことも、キャリアップも、成長も目指したい!そんな方は必見です!

1.保育園勤務未経験でも保育士として転職は可能?

結論から言うと、転職は可能です。
経験がないことがハンデになることはあるかもしれませんが、需要はあります。
ただ、簡単な転職にはならないということは心に留めておくべきです。

転職にあたっては、あなたの今までの経歴が注目されることでしょう。
あなたの経験であったり、転職目的等によっては、プラスに働く要素もあるので一概に落ち込む必要はありません。
逆に異業種での経験を前向きに捉えていきましょう。

1-1. 幼稚園や学童保育などで働いていた場合は、優位性がある

特に幼稚園教諭からの転職は優位な場合が多いです。
幼稚園と保育園で規格の違いはあっても、「安心安全にお子さまをお預かりする」という基本は変わりないからです。
また、行事の準備や保護者様への対応など、活きてくる経験は十分にあります。

1-2. 前職が子どもに携わる仕事じゃない場合は不利?

子どもに全く関係のない業種からの転職であれば、一歩ずつ勉強と経験を積み上げていく覚悟が必要です。
ただし、今までのあなたの社会人経験や強みが無駄になるわけではありません。
価値感の多様化が進む中、保育業界以外からの視点も必要とされるからです。
ですので、まずは初心に戻り、前向きな理解と熱意を持つことが大切ですね。
アルファコーポレーションでは、そのような姿勢を前向きに捉えています!

1-3.キャリアダウンはしないのか?また、キャリアアップは見込めるのか?

もちろん会社によって異なりますが、キャリアダウンで始まるところがほとんどというのが現状です。
厚生労働省の統計「令和元年上半期雇用動向調査結果」によると、一般労働者間(主に社員から社員へ)の転職では、賃金変動が「減少」傾向となっており、-4.2ポイントと高い数値です。
ということは、特に未経験職への転職というものは、今のキャリアや待遇よりも下がる可能性が十分に考えられるということです。

じゃあどうすればいいの!?諦めないといけないの!?
まだまだそう結論づけるのは早そうです。
先述した通り、「会社」によります。
なので、「会社えらび」をきちんと行う、という事が大切です。

2.どのように会社を選べばいいのか?

2-1.キャリアアップ・成長ができる仕組みや研修が充実しているか

会社の歴史や規模感、価値観での位置づけに注目すると良いでしょう。
小規模な会社ではキャリアアップの実績がそもそもないケースがあります。
つまり、組織が小さいことから、研修の改善や見直し、制度が整っていないことも考えられます。

逆に園店舗を急激に大きく増やし続けているような大規模な会社では大量離職が問題視されていることもしばしば目につきますね。
長期的に働くことができなければ、キャリアも築くことができなくなってしまいます。

規模は小さすぎず、そして大きすぎず、園店舗もゆるやかに出店している会社が、あなたにとっても安定して成長ができそうでおすすめです。

2-2.あなたの志望動機、やりたいことや夢に寄り添ってくれる会社

先述しましたが、あなたをよくみてくれないと、あなたは「ただの未経験者」となってしまいます。
それを払拭するためには、保育業界で活躍したい理由を明確にすることが大事となります。
保育士実務が未経験でも、保育士として働きたいと思った理由には、過去の経験や体験が関係しているなど、何かしら背景があると思います。
「なぜ保育士として働きたいか」を、今までの経験やそう思った背景を整理して、志望動機を考えましょう。

※保育士の志望動機の書き方のコツは、こちらの記事をご覧ください↓

2-3. あなたとのコミュニケーションを大切にしてくれる会社

充実した人生を送るためには、給与や福利厚生だけを見るのではなく、あなたとのコミュニケーションを大切にしてくれる会社かどうかも重要です。

例えば、あなたの今後のライフスタイルの話ができるか、なんてことも重要になってきます。
もし、あなたにお子さまが居る場合、どうしようもない時間の制限があることも考えられますよね。
このあたりの話がきちんとできていなかったり軽視をした採用となった場合、どうなるでしょうか。
担当したお子さまや一緒に働く仲間、そしてあなたにとっても、あまり良くない影響がありそうですよね。

完全にあなたの望みが全て叶う職場は多くはないと思いますが、自分のライフスタイルに合わせて時短勤務ができたり、通勤場所を考慮してくれたりと、長い目でみて融通が利く会社かどうか確認することは、自分が働きやすい会社と出会える第一歩だと思います。


※産休・育休取得後、時短勤務をするママさん保育士の記事はコチラ↓

3.アルファコーポレーションについて

3-1. 豊富な研修、自分から学べる環境

未経験からの転職の場合、経験の差を補うために常に勉強が必要になってきますので、中途社員の研修やリーダー研修など、学べる環境があるかは重要です
当社では、入社してから手探りで経験を積むよりも、圧倒的に短時間でスキルが身に付きます。
受けたい外部の研修があればそれに参加ができたり、社内図書館の活用などによって、自ら保育技術や知識を身に着けることができます。
自分のレベルに合わせて自己評価を行うこともでき、自らを成長させる仕組みがたくさんある環境です。

※社内図書館については、こちらで紹介しています↓
また、当社では、年齢に関係なくキャリアップできる仕組みが整っており、実績も豊富です。
誠実な姿勢と努力が評価され、保育未経験の元幼稚園教諭のスタッフが、3年で園長に昇格した事例もあります。
もちろん、園長になられた場合、管理職の研修も用意されているので安心です。

3-2. ちょうどいい会社の規模感と安定性

会社の規模は小さすぎればすぎるほど、大きすぎればすぎるほど、一長一短が際立ちます。
アルファコーポレーションはちょうど良い規模感です。
出店ぺースも年に約1,2店舗と少数に拘って出店をしています。
それは働く仲間、お預かりするお子さまのためと、思ってのことです。

2021年に創業30周年を迎えますが、これは常に顧客のニーズに応えようとする姿勢と、独自の運営能力や会社の良き風土があるという証であると言えます。

3-3. 一人ひとりの事情をしっかりヒヤリング

面接では、あなたの年齢や経験はもちろんのこと、転職理由や志望動機ややりたいことを、しっかりと伺わせて頂きます。
アルファコーポレーションは、働く人がどのようなライフスタイルを送りたいかも大切だと考えています。
全ての望みを叶えることは難しいですが、働く人の状況をしっかり理解しなければ、同じ方向に向かって長く一緒に働くことはできないだろうと考えています。

もし、時短勤務ができるか、勤務先を限定して勤めることができるかなど、将来を見据えた働き方ができるかどうか気になっているのであれば、聞きづらくても必ず確認すべき事項です。
私たちアルファコーポレーションは、真摯にお答えいたします。

入社してからも何かあれば都度相談をしていく。
できる、できないはあってもちゃんと話し合いたいですね。
一緒に頑張る仲間とのコミュニケーションをアルファコーポレーションは大切にしていきたいと考えています。
長く働くうえで、一番大事なことではないでしょうか。

だから、あなたのことをまずはお聞かせくださいね。

最後に

未経験の職種に転職となると、仕事内容はもちろん、待遇のこと、年齢のこと、人間関係など、不安が尽きないと思います。
でも、実際他の職種から保育士に転職し、活躍している方もたくさんいらっしゃいます。
他の仕事をした経験、子育て経験などは、あなたの強みとなるはずです。

まずは行動あるのみ!
諦めないで、挑戦して下さいね!

関連する記事

関連するキーワード

著者