スイカ割り体験 ◇◆季節を感じるイベント◆◇

クレアナーサリー市ヶ谷は総武線市ヶ谷駅からほど近く、お堀の土手や靖国神社、少し足を伸ばせば北の丸公園まで…都心にありながらも豊かな自然に触れることのできる園です。

当園では子どもたちに四季を感じてもらえるよう、季節ごとに工夫を凝らしてイベントを開催しています。

この夏は各クラスでスイカ割りを行いました。
共働き社会にあり忙しさの中にいたり、親戚が遠くにいたりする現代の子どもたちはなかなかこういった経験ができないもの。

まずはスイカ割りのルールを知り、ビーチボールを使って練習から始めました。
やったことの無い遊びに大喜びする子どもたち。
本番は、

「そっちじゃないよ!」

「もっとみぎ!」

「みぎってどっち!?」


と友だち同士たくさん声をかけ合って大盛り上がりでした♪

切られていないスイカを見て大きさや形を知ったり、触って硬さや重さを調べたり、割って甘い香りを嗅いだり…五感を使って遊びの中から色々なことを楽しく学ぶことを大切にしています。

日本の伝統文化や風物詩を知らせていくことも私たちの大切な役割です。

大好きなホール

クレアナーサリー市ヶ谷は、1階~3階までを保育園としており、3階には大きなホールや絵本コーナーがあります。

ホールでは、たくさん体を動かしたり様々なイベントを開催したりと、子どもたちの大好きな場所となっています。

大きなホールですので、
鉄棒、マット、跳び箱を始め、他様々な巧技台を年齢に合わせて組み合わせて選び取り組むことができます。
体育ローテーションを日々の活動に取り入れることで、
子どもたちが楽しみながら運動感覚を養い「強い身体づくり」「チャレンジ精神」「頑張る力」が育まれています。

また、大きな窓があり春には満開の桜を見ながらホールでおやつを食べお友だちとお花見を楽しむなど、春夏秋冬を感じられます。

温もりの絵本コーナー

ホールの隣の絵本コーナーには様々な絵本が充実しています。

家のような造りになっており、温かみのある照明や窓からの日差しで柔らかな光が差し込む中、ゆっくりと絵本を楽しむことができます。

クレアナーサリー市ヶ谷で大切にしている事

私たちの園では、個々の成長や個性を認めることを大切にしながら、
日々の生活や活動の中で、自分で出来ることが増え、
それが喜び、自信に繋がるよう「生きる力」を育む保育を展開しています。

また、保育者自身が

”正しい日本語”
”美しい日本語”


を心掛け子どもへの声かけを行っています。  

関連する記事

関連するキーワード

著者